Top

mail address     info@ensoh.com 
Calendar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ネツケ3。
形を整えました。

ふた?も切り出してはめてみる。
e0152667_10303532.jpg

パカっと外れる。
e0152667_10312583.jpg

このふたの裏に紐を固定し、本体の穴に通します。
その紐の先に携帯やらタバコケースやらをぶら下げると
その重みで紐が引っ張られて、ふたが固定されるという仕組み。
ふたは、取替え自由。
裏。なめらかです。
e0152667_10361429.jpg

参考にお借りした木製の物。
柔らかなフォルム。
e0152667_1038832.jpg


今回僕が作ったのは、金属の特性を生かしてややシャープなデザインです。
重さを抑えるために中も抜いてます。
木製でここまでやると、強度の点で問題がでるけど
金属なら大丈夫。割れることはありません。
小傷は付くけどそれがカッコいい!

これを原型に、銀、真鍮、銅と組み合わせてみようかと。
銅を赤とか黒に色煮付けした本体に
真鍮、銀のふたとか。


マイブランドhttp://www.ensoh.com/
メールinfo@ensoh.com
[PR]
by ensoh-online | 2009-08-06 10:49 | 制作
ネツケ2。
ネツケ制作その後。

カットしたものをそれぞれ加工する。
e0152667_21453387.jpg
ちょっとパーツ増えました。

それを溶接して組み立てる。
e0152667_21464843.jpg

今回は最終的に中空の物になるので、二つに分かれています。
この時点で最後まで組んでしまうと、型がうまく抜けないので。
あとは細かい形を整えて完成。

今回パーツが少なかったので、真鍮で原型を作りました。
真鍮は溶接に気を使うので、パーツが多いときはあんまり使わないです。

金色なので、作っていると時はテンション上がる。
溶接跡も味があって好き。
昔は、貧者の金て呼ばれていたそうな。


マイブランドhttp://www.ensoh.com/
メールinfo@ensoh.com
[PR]
by ensoh-online | 2009-08-02 21:52 | 制作
ネツケ。
今、根津にある花影抄さんと進めているお仕事で、根付を作っているですが
これがちょっとカッコ良くなりそうです。

いわゆる伝統的なスタイルでなく、持ってるだけでもお洒落なアイテムになりそう。
根付は機能的には優れていると思うので、普段使えるデザインなら使う人いそう。
別にただのキーチェーンとして使ってもいいし。
単純で優れた構造は、いろいろ応用がききます。

e0152667_15612100.jpg
とりあえず切り出し。

e0152667_156215.jpg
抜いた方。

ここから、たたいたり、曲げたり、溶接したり。


マイブランドhttp://www.ensoh.com/
メールinfo@ensoh.com
[PR]
by ensoh-online | 2009-08-01 02:00 | 制作